通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

両面基板

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:りょうめんきばん
品詞:名詞
2007/04/09 作成

絶縁基板の表と裏の両面に導体パターンが存在するプリント基板のこと。2層基板とも呼ばれる。

主として、高周波回路やディジタル回路基板に使われる。

コネクター類はスルーホールで裏面まで貫通して実装されるが、ICなどの部品は表面実装となることが多い。

部品が片面だけに実装される片面実装と、両面に実装される両面実装がある。

現在は、更なる高密度実装のために、多層基板もよく使われる。

関連する用語
プリント基板

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club