通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中央構造線

辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:ちゅうおう・こうぞうせん
品詞:名詞
2013/04/20 作成

日本最大最長の構造線(断層)。

目次

東は千葉の房総半島付近から、紀伊半島の北端、四国の北部を経て、九州のほぼ中央を東西に横断する。

日本列島の、それまであった日本海側に、南から移動してきた太平洋側が衝突合体し、現在の日本列島が形作られた。その接合面が中央構造線である。

航空写真などで、東西に走る中央構造線を概観できるが、関東と九州は地表面に現われていないことから、その位置が明確には確認できない。

この中央構造線を境として内帯と外帯に分かれ、日本海側(北側)を「西南日本内帯」、太平洋側(南側)を「西南日本外帯」という。

途中、富士山周辺は地層が陥没しており、この周辺はフォッサマグナと呼ばれている。

関連する用語
フォッサマグナ
糸魚川‐静岡構造線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club