通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

共鳴状態

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:きょうめいじょうたい
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

複数の原子核が、そのお互いの周りを回っているような状態のこと。

例えばヘリウム原子核二つが衝突しても、完全に一体化(核融合)はしないが、しかし10−17秒だけ、共鳴状態を作る。その状態で更にもう一つのヘリウム原子核が衝突すると原子核三つが共鳴状態を作り、そして三つが融合し炭素原子核を生成する。つまり、炭素原子核の生成には共鳴状態が必要不可欠である。

これが現在の宇宙で実現できたのは強い相互作用電磁相互作用の強さなどが絶妙な値を取った結果であり、もし現在の宇宙の強い相互作用が0.5%でも弱かったり強かったりすれば、炭素合成反応で共鳴が起こらず、炭素原子が合成されることはなかったと考えられる。炭素が出来無ければそれ以上の核融合反応も起こらず、恒星内でも核融合が進行することなく、宇宙に重い元素が生まれることもなかった。従って惑星も生命も宇宙に生まれることは無かったと考えられる。

関連する用語
核融合

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club