通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

内惑星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ないわくせい
外語:inferior planet 英語
品詞:名詞
2006/08/31 更新

地球より内側(太陽側)を公転する惑星の総称。

地球から見た見え方に関係する分類の一つ。

内惑星の動き
内惑星の動き

内合外合という二つのがあり、は発生しない。また、地球から見た際に太陽となす角度は、最大離角と呼ばれる惑星ごとの理論値を超えることがない。惑星の見た目上の「逆行」は内合の前後に発生する。

月のような満ち欠けが観察でき、外合では満月、内合では新月、最大離角では半月の形になる。合の前後は太陽に近く観察しづらいが、日面通過(内合時に太陽と重なって見えること)の場合は太陽上の影として観察される。これは、月を考えた場合には日蝕(日食)に相当する現象である。

関連する用語
惑星
公転
会合周期
地球
水星
金星
外惑星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club