通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

公転

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:こうてん
外語:revolution 英語 , 公转 大陸簡体 , 公轉 台灣正體 , rivolu/o エスペラント
品詞:さ変名詞
2006/08/26 作成
2014/06/15 更新

ある一つの天体が、他の天体の周囲を一定の周期で回ること。「地球が太陽の周りを―する」。

目次

天体は、その系の重心を中心に回る。

恒星惑星のように圧倒的な質量差がある場合は恒星のほぼ中心に重心があり、ゆえに恒星の周りを回って見える。

一方、質量が同程度の場合、天体間の何もない場所に重心ができるため、その、目には見えない重心を中心として天体は公転をする。

太陽系の場合、最大の惑星である木星質量すら太陽の1/1000程度しかなく、太陽系全体の質量のうち99.9%が太陽にある。ゆえに重心は太陽のほぼ中心部にある。

こうして地球は、太陽にある太陽系の重心を中心として、自転の方向(東向き)に公転をしている。

関連する用語
公転周期
自転

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club