通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

自転

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:じてん
外語:rotation 英語 , 自转 大陸簡体 , 自轉 台灣正體 , rotaci/o エスペラント
品詞:さ変名詞
2006/08/26 作成
2014/06/15 更新

天体が、自身の軸を中心に回転すること。この時、この軸を自転軸という。

地球などの惑星は自転しているが、それ以外にも殆どの天体が自転している。

太陽などの恒星で自転が確認されているほか、ブラックホールなどでも自転しているものがある。

自転周期

天体が360°回転するまでの時間を自転周期という。これに要する時間を恒星日という。

ただし、地球など惑星は同時に公転もしていて空間を移動しているため、太陽に対し同角度位置まで回転するには360°よりも多く回転が必要となり、自転周期よりも若干長い時間を要することになる。そして、この同じ角度まで回転する間が「一日」となる。

言いかえれば、惑星の自転周期は必ずその惑星の一日よりも短い。

地球

地球は東向きに自転をしている。

1回転に要する時間、つまり恒星日のうち、実際の恒星の動きに基づいた恒星日を視恒星日という。地球の視恒星日は23.9344696時間であり、約86,164秒である。

関連する用語
自転軸
自転周期
公転

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club