通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

原子炉圧力容器

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:げんしろ・あつりょくようき
外語:reactor pressure vessel 英語
品詞:名詞
2003/03/20 作成
2011/03/16 更新

原子炉の心臓部ともいえる容器。この容器は、さらに原子炉格納容器に格納されている。単に「圧力容器」とも。

目次

燃料棒制御棒減速材冷却材など、炉の主要部分である炉心を収納する、低合金鋼製の容器である。ここで核分裂をさせ、エネルギーを発生させる。

炉にもよるが、容器の壁の厚さはおよそ20cm前後である。

万が一、メルトダウン(炉心溶融)して放射性物質が漏れ出すようなことがあっても、まずこの圧力容器がそれを受け止め、防御する働きをする。

例えば、1979(昭和54)年に起きたアメリカ合衆国ペンシルベニア州スリーマイル島の原子力発電所2号炉で起きた部分的な炉心溶融事故では、炉心は破壊されたが、圧力容器は辛うじて破壊されなかった。このため、深刻な事態は何とか免れたのである。

原子炉圧力容器は、環境への放射性物質放出を抑制するための「五重の障壁」のうち、第3の壁とされている。

用語の所属
原子炉
関連する用語
原子炉格納容器
炉心

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club