通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

反バリオン

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:はんバリオン
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

反クォークはY(黄色)、M(マゼンタ)、C(シアン)の3色があり、3つ集めると白色となる。バリオンが3色のクォークを集めたものであるのに対し、バリオンの反粒子である反バリオンは3色の反クォークを集めたものである。

反陽子反中性子は対応する反クォークによって構成されている。

なお、ここでいうカラーとはいわゆる目に見える色とは関係が無く、色の3原色になぞらえて考えると分かりやすいという理由で命名されているものである。

関連する用語
反陽子
反中性子
バリオン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club