通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

否定排他的論理和

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:ひてい・はいたてきろんりわ
外語:NXOR: NOT XOR 英語 , XNOR: Exclusive NOR 英語
品詞:名詞
1999/12/03 作成
2013/11/21 更新

論理演算の一つ。略称「XNOR」または「NXOR」。別名、論理等価(Eqv)、あるいは排他的論理積(XAND)。

二項演算であり、二つの式の真偽が同じ場合に、真偽が異なる場合にとなる。

論理等価
論理等価

すなわち、「A ⊻ B」あるいは「A ⊕ B」、つまり「X = Not (A Xor B)」と等価の演算である。

XOR回路にNOT回路を繋げたものである。

二入力であれば、論理式は次のようになる。

OUT = (A∧B) ∨ (AB)

この通りに回路を作るとすると、少なくともNOTとANDが二つ、ORが一つ必要となる複雑な回路である。

また、4つのNORゲートでも構成できる。

記号

論理記号は不明。理屈の上では、排他的論理和記号「⊕」に上線を引いたもの「」が使われうるが、使用例は不明である。

ビット演算

プログラムで記述する場合、Visual Basicでは「X = A Eqv B」のように使う。

この演算を用いる場面は知られていない。

用語の所属
論理演算
関連する演算
排他的論理和
論理否定
論理包含

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club