通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩酸バンコマイシン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:えんさんバンコマイシン
外語:Vancomycin Hydrochloride 英語
品詞:名詞
2005/07/31 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

バンコマイシン塩酸塩。バンコマイシン抗生物質の成分。多くのグラム陽性菌に対する殺菌作用があり、さらに腸球菌に対しては静菌作用を持つ。

分子式C66H75Cl2N9O24·HCl。分子量1485.71。CAS番号1404-93-9。

塩酸バンコマイシン
塩酸バンコマイシン

かつては究極の抗生物質と呼ばれたが、現在ではバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)が出現しており、院内感染などの問題を引き起こしている。

融点不明(明確な融点を示さない)。120℃以上で徐々に着色し分解する。

物質の特徴
抗生物質
関連する物質
バンコマイシン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club