通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大晦日

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:おおみそか
読み:おおつごもり
品詞:名詞
2011/02/02 作成

旧暦での年末。

旧暦においては、月の最後の日を晦日(みそか)という。

そして年末、つまり12月の晦日のことを、一年の最後であることから大晦日(おおみそか)という。

晦とは本来、旧暦での月末のことをいう。従って、そうとは限らない新暦の月末を「みそか」(晦日)と呼ぶのは、多くの場合は正しくない。

つまり、新暦の12月31日を「大晦日」と呼ぶのは、本当は正しくないのである。

関連する用語

晦日

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club