通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大腸菌O104

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・細菌/古細菌編 (BBNM)
読み:だいちょうきん・オウいちゼロよん
読み:だいちょうきん・オウひゃくよん
外語:Escherichia coli O104 学名
品詞:名詞
2011/06/02 作成

病原性のある大腸菌の一種。O104はベロ毒素を産生する、腸管出血性大腸菌の一つである。

ベロ毒素を生成する腸管出血性大腸菌には、他に大腸菌O157大腸菌O111大腸菌O26などがある。

重症化すると、ベロ毒素により溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症する。

2011(平成23)年にドイツなど欧州諸国で広がり、2011(平成23)年5月31日までに、死者19人、下痢などの症状を訴える人が約1,200人に達している。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club