通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

巻積雲

辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:けんせきうん
外語:Cc: cirrocumulus 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

上層雲の一つ。高度8〜10km程度にできるで、イワシ雲、うろこ雲とも呼ばれるすじ状の雲のこと。氷の粒で出来ている。

低気圧の前面によく見られ、天候が悪化する前兆ともいえる。この雲が下がってくると雨、上がってくると晴れになる。

ちなみに、層状雲、レンズ雲、塔状雲、房状雲、波状雲、蜂の巣状雲、尾流雲、乳房雲、などに細かく分類できる。

乗鞍岳 魔王園地から日の入りを望む
乗鞍岳 魔王園地から日の入りを望む

用語の所属
上層雲
CC
関連する用語
高積雲

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club