通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

弱アルカリ性

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:じゃく・さんせい
品詞:名詞
2015/10/19 作成

弱いアルカリ性のこと。中性に極めて近いアルカリ性。

目次

pHでいえば7より大きいものをアルカリ性という。

一般的な液性ではpHの最大は14で、値が大きいほどアルカリ性が強いということになる。また7より少し大きい程度では中性として扱われることが多い。

科学的な意味で弱アルカリ性の明確な定義はないが、法律や指針などによって、次のように定義されている。

  • 家庭用品品質表示法(洗剤など) pH 8.0を超え 11.0以下
  • 環境庁 鉱泉分析法指針(温泉) pH 7.5以上 8.5未満

人間の体内でも、羊水胆汁膵液などは弱アルカリ性である。

洗剤なども一般にアルカリ性であるが、中性や弱酸性のものもある。洗浄力を優先するならアルカリ性が望ましいとされる。

普通の石鹸は弱アルカリ性、肌に良いとされる温泉も弱アルカリ性のものが多い。

温泉で「美人の湯」を自称するものは、泉質は弱アルカリ性である。このような温泉に入浴すると肌がツルツルすべすべになるが、これは弱アルカリ性が皮膚の角質を溶かすためである。このような温泉は入浴後にカサカサ肌になりやすいため、肌が弱い場合は入浴後に良く洗い流し、乾燥しやすい部分には保湿剤などを塗っておくとよい。

用語の所属
アルカリ性
関連する用語
pH
弱酸性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club