通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

弱酸性

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:じゃく・さんせい
品詞:名詞
2001/10/01 作成
2007/07/30 更新

弱い酸性のこと。中性に極めて近い酸性。

目次

例えば、人間の肌も弱酸性である。

人間の髪や皮膚pH 5.0前後で制御されており、この前後を「弱酸性」と呼ぶことが多い。

よく、肌は弱酸性だから洗顔料も肌に優しい弱酸性を、などと言われてもいるが、これについては様々な異論がある。

弱酸性では汚れを落としきれないと言われており、洗浄力を優先するならアルカリ性が望ましいとされる。しかし、シャンプーは原則中性ないし弱酸性である。これは、髪はアルカリに非常に弱く、アルカリ性シャンプーで毎日洗髪していたらすぐに禿げてしまうからである。

ちなみに普通の石鹸は弱アルカリ性、肌に良いとされる温泉も概ねアルカリ性である。

用語の所属
酸性
関連する用語
pH
弱アルカリ性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club