通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

強電

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:きょうでん
品詞:名詞
2001/03/02 作成
2011/06/22 更新

感電の恐れのある電気工作物のこと。および、そのような装備で使う電圧。最近は利用者も減り、死語化しつつある。

目次

昔の電子制御回路ではDC5V前後の電圧しか使えなかったことから、電子技術やそういった電圧が弱電と呼ばれ、それ以外の電気技術や電圧を強電と呼んだ。

何ボルト以上が強電かについては、基本的には感電事故の恐れのある電圧かどうかで区別され、概ね48Vが基準になることが多い。

具体的な基準は存在しないが、直流の場合60Vを超えると絶縁が必要になるため、少なくともこの電圧未満が「弱電」であり、この基準を超えるものを強電と呼ぶことになる。

実際にはある程度の余裕をもって安全な電圧が基準となる。それが、概ね48Vだったようである。12Vのn倍とすると、5倍で60V、4倍で48Vであるため、48Vが一つの基準となったものと思われる。

家庭では、交流100Vは強電であり、ACアダプターを使って出力される電圧で動作する装置はおそらく弱電である。

関連する用語
動力
弱電

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club