通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

拡散反射

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:かくさんはんしゃ
外語:diffuse reflection 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

物体表面に当たった光があらゆる方向に均等にする反射のこと。表面につやのない紙やゴムがこのような反射を起こす。通常、物体の色というと白色光を当てたときの拡散反射の光の色のことになる。

この拡散反射の計算には、ランバーの余弦則が用いられる。つまり、ある点への光の入射角をθ、その強さをIl、拡散反射係数をkd、とした場合、この点の拡散反射の明るさIdは、Id=kd×Il×cosθ という式で計算される。ちなみにθが90°以上の場合は、その面は光源からみえていないことになり、Id=0 となる。

実際のシェーディング計算では、光源への方向ベクトルLとその面の法線ベクトルNを用いて、内積の定義からcosθを計算する。cosθ=L×N/(|L|·|N|)。

関連する用語
シェーディング
ランバーの余弦則

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club