通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

接地2P

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:せっち・にピー
品詞:名詞
2000/12/05 作成
2011/06/13 更新

日本の交流コンセントの標準にアース(接地)ピンのついたものの俗称。日本国内だけでも100V用や200V用などがありうるが、単に接地2Pといえば、日常的な100V用をいうことが多い。

目次

洗濯機や冷蔵庫など、接地が必要な機器のために接地用の電線(、または緑/黄色の縞模様で、先端はU字の金具になっている)とネジが用意されていることも多いが、取り付け/取り外しが不便である。

そこで、この接地をピンとして用意したものが、「接地2P」である。

以前は「3P」とも呼ばれたが、三相交流用のプラグなどと混乱しないよう、接地ピンはPの数に含めない表記が使われるようになっている。

接地2Pに対応したコンセントやテーブルタップには、2P(接地ピンのないもの)もそのまま刺さる。

逆に、従来からある2P(接地ピンのないもの)の家庭用コンセントやテーブルタップには、接地2Pのプラグは刺さらない。そこで、2Pに変換するためのアダプター(俗称は豚鼻)も多用される。

国際的にはAタイプアウトレットの一つとして扱われる。

用語の所属
コンセント
関連する用語
2P
交流
アース
豚鼻

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club