通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テーブルタップ

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:テーブルタップ
外語:power strip 英語 , table tap 和製英語
品詞:名詞
2011/12/06 作成
2012/03/25 更新

壁などのコンセントから、離れた場所にある複数の電気機器に対して電源を供給するための電気器具。電源タップとも。なお、テーブルタップやコンセントは和製英語である。

単なる電源の延長ケーブルではなく、複数口に増やすことができるものをいう。

日本の場合はAC100Vで給電され壁のアウトレット(コンセント)そのものが定格容量1500Wであるため、テーブルタップもそれに準じた仕様となっている。口数は3個程度のものが安価に販売されていてよく使われている。

また日本では、電気用品安全法の「特定電気用品」の一つに分類され、◇の中にPSEと書かれたマークがないと販売することができないことになっている。

需要

需要がある製品なので、世界中で作られて使われている。

とは言え国ごとにアウトレットの形状や電圧などが異なるので、特別に量産効果が働くということはなさそうである。

品質についてはピンきりで、最近では支那製の安かろう悪かろう製品が100円ショップでも売られている。

口数の多少で様々なものがある。いくら口数が多くても、合計で1500Wなどの制限があることに変わりはない。

多機能

高級志向の製品では、雷サージ機能を搭載したものなどがある。また、電源スイッチ付きのもの、さらにはパーソナルコンピューターの電源状態を検出して周辺機器(ディスプレイ、プリンター等)の電源を入り切りできるパソコン連動OAタップなどもある。

また近年、スマートフォンの充電需要に対応するため、USBコネクターから5Vを出力する機能のついたテーブルタップなども市販されるようになってきた。

海外のもの

イタリアの場合、左右の端子間が19mmの標準タイプと26mmのワイドタイプとが存在するほか、プラグの側面にアース端子が付いているCEE Publication7/4と呼ばれるものが、混在している。

こういった国では、これらが共通で使えるよう、複数のタイプが差し込めるようなものが使われている。

タップ
タップ

壁コンセント
壁コンセント

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club