通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

分電盤

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:ぶんでんばん
品詞:名詞
2001/07/11 作成
2014/08/29 更新

電力会社電線から引き込まれた電気を振り分けるための装置を並べたもの。

目次

一般家庭の電力では、引込線から引きこまれた電線が、まず最初に接続される場所である。

ここに、ブレーカーや遮断機などの装置が並べられており、ここを通過した電線は、各部屋へ配線されている。

一般家庭で使われるものは、単相2線式電灯分電盤または単相3線式電灯分電盤と呼ばれるものである。

2線または3線で引き込まれた電線が、分電盤に載せられたアンペアブレーカーに入り、漏電遮断機を(あれば)経由した上で、配線用遮断機(小型のブレーカー)を経由して各部屋への配線に接続されている。

外から引き込まれた電線は、次の順序で装置を通過する(東京電力を利用する場合)。

  1. アンペアブレーカー(東京電力との契約用ブレー力ー)
  2. 漏電遮断器(漏電ブレーカー)
  3. 配線用遮断器(安全ブレーカー)

その後分電盤を出た配線は、各部屋へと接続される。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club