通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

開閉器

辞書:科学用語の基礎知識 電気工事編 (NPOWC)
読み:かいへいき
品詞:名詞
2012/08/26 作成
2021/02/18 更新

スイッチのこと。中でも、電力回路や電力機器に用いる大型のものをいう。

開閉とは、回路を開いたり閉じたりすることを意味する。

電気回路を繋げる動作を「オン(に)する」「入れる」「投入する」「閉じる」「クローズ(に)する」のように表現し、逆に電気回路を遮断する動作を「オフ(に)する」「切る」「開く」「開放する」「オープン(に)する」のように表現する。

工場

工場などにおける電動機(モーター)の始動や停止のためのスイッチは開閉器と呼ばれる。

また、この開閉器を素手で操作するのが危険な場合、あるいは遠隔操作したい場合には、電磁開閉器を用いて、押しボタンなどの制御機器を用いて制御する。

配電線系統

配電線系統で開閉器と呼ぶ場合は、特に電柱などによく設置されている三相交流のスイッチをいう。これは、責任分界点などによく付けられている。

この開閉器には、6600Vの三相交流の入力と出力が存在する。

変電所から遠隔制御できるようになっているものもあり、この場合は接続されている高圧線に信号が流されている。

関連する用語
スイッチ
電線
電柱
カットアウト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club