通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

接地3P

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:せっち・さんピー
品詞:名詞
2011/06/13 作成

三相交流と接地の計4ピンが付いたアウトレット(コンセント)の通称。

目次

三相交流用のアウトレット(コンセント)である。

三相用3Pに接地(アース)のピンを付けたものとも言える。ただし形状がまったく違うため、互いに流用することはできない。

以前は「4P」とも呼ばれたが、現在は、接地ピンはPの数に含めない表記が使われるようになっている。

平版4枚のものが一般的で、日本の三相200V電源で最も多いコンセントである。

横になっている板を上側とし、横が「イ」、その下の二本が「ロ」と「ハ」、下の縦板が「ニ」である。

イロハが三相交流であり、うち二つを繋ぐと単相200Vが得られるが、ロとハに接続する場合が多い。

ニはアース(接地)ピンであるため、これとイロハは、決して接続してはならない。

用語の所属
コンセント
3P

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club