通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

支線

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:しせん
品詞:名詞
2012/08/26 作成

電柱を支えるためのワイヤー。

目次

電柱の終点などで、片側だけに張力が掛かるような場合、電柱が倒れないように反対側に引っ張るために付けられるワイヤーである。

地面に固定するため、ここに電流が流れないよう間に碍子が挟まれている。張力が掛かるため、終端を輪にした二本のワイヤーを使い途中に碍子を挟むのが一般的。この時の碍子は、形状により玉碍子や井型碍子と呼ばれる。

斜め下に延びるのが支線
斜め下に延びるのが支線

この支線には原則として電流は流れないが、万が一ということもあるので、地面近くでは更に安全のために支線ガードと呼ばれる黄色い筒が付けられている。

また、支線では不足する場合は、もう一本の電柱を斜めがけする「支柱」が使われる。

関連する用語
支線ガード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club