通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:きん
外語:kin 英語
品詞:名詞
2010/03/19 作成

尺貫法における重量の単位の一つ。

目次

時代や地域により様々だが、日本では一般には1斤=16両=160、だった。

この他にも、斤を用いた単位は様々に使われている。例えば1ポンド(約453.59g)を、近似値120匁(450g)とし、これを「英斤」(えいきん)と呼ぶなどした。

現在の日本では、尺貫法の斤はもはや使われておらず、食パンの計量単位として残るのみである。

これはかつて食パンが1英斤を単位に売られていたことに由来するが、その重量は時代とともに減り、もはや1英斤で売られている製品は無い。公正競争規約でも食パン1斤は340g以上、とされている。

用語の所属
尺貫法

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club