通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

尺貫法

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:しゃっかんほう
外語:Japanese traditional weights and measures 英語
品詞:名詞
2007/08/08 作成
2013/12/23 更新

日本の伝統的な度量衡で、メートル法以前に主流だった単位系。長さを、重さを、面積をなどとするもの。

尺貫法は、度(長さ)、地積(面積)、量(体積)、衡(質量)がある。

倍量及び分量単位には次のものがあり、度と衡で使われうる。

  • 分(bu) ‐ 10分の1
  • 厘(rin) ‐ 100分の1
  • 毛(mou) ‐ 1000分の1

度(長さ)

度は、尺を基準とする。現在、1尺は10/33メートルと定義されるが、このため循環小数となっており、数値で表わすと面倒なことになっている。

名称SIによる定義
毛(mou)厘の10分10.03030303mm
厘(rin)分の10分10.30303030mm
分(bu)寸の10分13.03030303mm
(sun)尺の10分13.03030303cm
(shaku)10/33メートル0.303030303m
間(ken)6尺1.818181818m
丈(jou)10尺3.030303030m
町(chou)60間109.0909091m
里(ri)36町3927.272727m

間は時代により寸法が異なるが、明治期に1間=6尺とされた。1平方間は坪であり、土地の面積としてよく使われる。

地積(面積)

面積は、平方尺を基準とし、メートル法と同様に長さの単位を組み合わせて、平方尺、平方寸、平方丈などが使われた。

但し、土地の面積「地積」については、次のような専用の単位が用意されている。

名称SIによる定義
勺(shaku)合の1/100.033057851m2
合(gou)坪・歩の1/100.330578512m2
(tsubo)、歩(bu)10合、1平方間3.305785124m2
畝(se)30坪99.17355372m2
段(tan)、反(tan)10畝991.7355372m2
町(chou)10段9917.355372m2

量(体積)

量は、升を基準とする。1升枡は、内径が4.9寸×4.9寸×2.7寸である。

名称SIによる定義
勺(shaku)合の1/1018.03906837cc
合(gou)升の1/10180.3906837cc
升(shou)64.827立方寸1803.906837cc
斗(to)10升18.03906837L
石(koku)10斗180.3906837L

衡(質量)

衡は、匁を基準とする。これは1文銭の重さ(目方)から「文目」という単位が生まれ、これを匁と書くようになった。日本の伝統的な衡である匁は、現在も5円硬貨の重量として受け継がれている。

また、当時は1文銭1000枚を紐で貫いて使う習慣があり、この重さを1貫匁、1貫目あるいは1貫と呼んでいた。つまり1000匁が1貫である。メートル法との換算で1貫=3.75kgが決められたのは明治期であるが、匁は今も真珠の重さの単位として国際的に用いられている。

名称SIによる定義
毛(mou)厘の10分10.00375g
厘(rin)分の10分10.0375g
分(bu)匁の10分10.375g
(momme)10厘3.75g
両(ryo)10匁37.5g
(kin)16両600g
(kan)1000匁3.75kg

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club