通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

朝鮮漬

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:ちょうせんづけ
品詞:名詞
2013/05/19 作成

朝鮮の漬け物。現在ではキムチをいうが、その原型は全く異なる漬け物である。

元々は、九州の漁師たちが食べていた、白菜唐辛子で漬け込んだ保存食が「朝鮮漬」の原型とされている。但しこれはキムチとは全く異なる、薄味の、白菜のピリ辛漬けである。これは今もキムチと区別するため「朝鮮漬」の商品名で販売されている。

当時、漁師や漁民たちの持病として脚気が恐れられていたが、この漬け物は脚気に効果があったため食べられていた。これは唐辛子に豊富に含まれるビタミンB1が有効成分である。

これが、唐辛子と共に朝鮮に伝わった結果できたものがキムチであり、それまで朝鮮に存在したものは単なる野菜の塩漬けであった。つまり、朝鮮漬とは、正確には「九州漬」とも言える。

関連する用語
唐辛子
キムチ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club