通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

波動関数

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:はどうかんすう
外語:undulation function 英語
品詞:名詞
2001/01/01 作成
2008/11/06 更新

一般には、波動を表わす物理量を、空間座標と時間関数として表わしたもの。

目次

量子力学では、シュレーディンガー方程式として与えられる関数。

波動力学では、粒子の状態は一般に位置座標と時間の関数で、空間的に広がりをもつ波動関数Ψで記述される。

波動関数Ψは重ね合わせの原理を満たし、確率振幅の意味を持っている。

粒子の運動が定常状態にあるとき波動関数は定常波を表わし、その振幅は時間に対して普遍な値をとる。また、|Ψ|2は粒子がある時刻にある位置にある相対的な確率を与える。つまり、その二乗が確率振幅を表わしている。

但し、振幅とは言っても古典的粒子のような振動を意味しているわけではない。

このΨによって、量子力学の特徴である量子と波動二面性、不確定関係、確率的な記述などはすべて完全に表現される。

用語の所属
量子力学
量子化学
波動
関連する用語
波動方程式
関数

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club