通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

流行性耳下腺炎

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:りゅうこうせい・じかせんえん
外語:mumps 英語 , mumps/o エスペラント , urli/o エスペラント
品詞:名詞
2005/10/28 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

おたふくかぜ。ムンプスウイルスの飛沫感染により罹患する病。主な症状は耳下腺の急性腫脹で、時に顎下腺腫脹も伴う。病原体のムンプスウイルスはBSL-2(バイオセーフティーレベル2)に分類される。

腫脹は2〜3日目に頂点に達し、一週間以内には消退する。幼児期から小学校期に多く、季節からにかけてが多い。

合併症として無菌性髄膜炎なども見られ、また難聴、成人では精巣炎や卵巣炎などをおこすこともある。

生ワクチンはあるが、接種は任意である。接種により数千例に一例程度、無菌性髄膜炎の合併が見られる。

学校基準においては、腫脹が消失するまで出席停止である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club