通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

混成軌道

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:こんせいきどう
品詞:名詞
2005/07/28 更新

複数の電子軌道が混ざり合ってできたと考えられる電子軌道。

例えば炭素の場合、最外殻L殻の2sと2px、2py、2pzの軌道が混成し、新たなsp3混成軌道を4個作る。この4個の軌道は同じエネルギー準位にある。

この混成の際にpz軌道が残っている(2s+2px+2py)とsp2混成軌道となり、炭素同士で二重結合を作ることができる。同様にしてpyとpz軌道が残っている(2s+2px)とsp混成軌道となり、炭素同士で三重結合を作ることができる。

ちなみにsp混成軌道を作り三重結合を持たない化合物としてallene(アレン)がある。

関連する用語
化学結合
単結合
二重結合
三重結合
s性
p性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club