通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

特異点

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:とくいてん
外語:singular point 英語 , apart/aĵ/o エスペラント
品詞:名詞
2006/07/02 更新

一般相対性理論により、ブラックホールの中心に想定されている収縮の中心。

特異点は密度と時空の歪みが無限大で、体積がゼロとなる場所である。ここでは現在の物理法則は適用できない。

この周囲は、重力によってどんな物質も脱出できない領域が広がる。この領域の境界を事象の地平面、その半径シュバルツシルト半径という。

特異点に近付くほど時空は歪み、時間の進み方が遅くなり、そして特異点では極限まで時空が歪んでいて、時間の進行が止まる。

時間が止まると現在の物理法則が適用できないので、特異点がどのようなものかを証明することは今のところできない。

特異点の先は時空が極限を超えて歪んでいて、時間空間が逆転した時空となる。但し、特異点の向こうに行ったり、あるいは特異点の向こうから来たりすることはできない。

もっとも、特異点そのものが既に物理法則が通用しない存在であるので、特異点の向こうの側に至っては完全に理論上だけの話である。実際には何があるのか、どんな現象が起きているのかは想像もできないのである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club