通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

疑陽性

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:ぎようせい
品詞:名詞
2014/08/12 作成

医学的な検査における所見で、検査結果が陽性陰性の中間であるもの。

陽性ではないが、陽性に近い反応のもの。古くはツベルクリン反応でこの表現が使われていたが、最近では使われなくなってきている。

陽性を+、陰性を−とすると、疑陽性は±の記号で表現される。

血液検査/尿検査等で、検査対象が健常者でも微量存在するような場合、疑陽性(±)が正常となることが多い。

なお、「偽陽性」は語感が似ているが、全く意味の異なる語である。

関連する用語
陽性
陰性
偽陽性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club