通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:め
外語:eye 英語 , Auge ドイツ語 , okul/o 英語
品詞:名詞
2015/01/29 作成

脊椎動物が持つ、を感知する器官で、視覚を司る。眼とも。

目次

人間の目は、大きく「眼球」と「視神経」と(まぶたなどの)「付属器官」からなり、眼球が収まる穴を「眼窩」(がんか)という。

眼球は、外から網膜、脈絡膜、角膜または角膜という三層の膜に包まれており、中に水晶体や硝子体などが収まっている。

人間の目を構成する構造は、次の通りである(順不同)。

  • 角膜

    目の正面部分を覆う膜。

    外から、角膜上皮層、ボーマン膜、角膜実質層、デスメ層、角膜内皮細胞の5層構造となっている。

  • 結膜

    目の白目の表面やまぶたの内側を覆う膜。

  • 前房

    角膜と虹彩の前面の間。

  • 虹彩 (こうさい)

    角膜と水晶体の間にある薄い膜で、瞳孔の大きさを変化させて光の量を調節する機能を持つ。カメラでたとえると絞りに相当する。

  • 瞳孔

    虹彩の中央にある、円形の穴。ここから光が入る。

  • 毛様体 (もうようたい)

    毛様体筋という筋肉を含む組織。水晶体の厚みを変えてピント合わせをする機能を持つ。

    また、眼球を満たす房水という液体を分泌する機能を持つ。

  • 水晶体

    目のレンズの働きをする組織。毛様体を使って厚みを変え、網膜に映す像を調節する。

    白内障とは、この水晶体が濁る疾患である。

  • 後房

    虹彩の後面と水晶体の間、および水晶体の後面と硝子体の間。

  • 硝子体 (しょうしたい)

    眼球の大部分を占める、無色透明な組織。眼球の形状を保つためにある。

  • 強膜

    眼球の外側を覆う3層の膜の一番外側で、白く硬い膜。俗に白目と呼ばれる。

  • 脈絡膜

    眼球の外側を覆う3層の膜の中間で、強膜の内側となる、黒い膜。虹彩と共に、余分な光が入り込まないようにする。

  • 網膜

    眼球の外側を覆う3層の膜の一番内側。錐体細胞と桿体細胞という視細胞があり、ここで光や色を感じ取る。

  • 黄班

    眼底の中心部。

  • 中心窩 (ちゅうしんか)

    眼底の黄班部の中心。網膜中で最も視力が敏感な箇所。

  • ぶどう膜

    虹彩、毛様体、脈絡膜の三部分の総称で、眼球を包み込む膜。

  • 視神経

    網膜で得られた光の情報をに伝える神経

関連する用語

白目
眼球

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club