通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

精巣上体

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:せいそう・じょうたい
外語:epididymis 英語 , epididim/o エスペラント
品詞:名詞
2004/05/01 作成
2014/07/12 更新

雄性生殖器の一つで、精巣(睾丸)に付着する小型の器官。副睾丸(ふくこうがん)ともいう。

目次

精巣(睾丸)で作られた精子は精巣上体を通過する。

精巣上体は、長さが数十メートルにも及ぶ一本の細い管でできている。精巣上体より伸びる精管を経て、射精管や前立腺と繋がる。

精巣上体は、精巣に近いところから、頭部、体部、尾部に分けられ、おのおの、精巣上部に被さるのが頭部、細長いのが体部、尾部である。

精子はこの中を数日から10日程度掛けて移動する。この間を通過する間に精子は成熟して受精能力を完成させ、尾部の精巣上体管で蓄えられる。

精巣上体管は精管に接続され、精巣上体を出る。

用語の所属
雄性生殖器
関連する用語
精巣
陰嚢

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club