通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

量子化ノイズ

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:りょうしか・ノイズ
外語:quantizing noise 英語
品詞:名詞
2004/11/26 更新

アナログからディジタルへ変換(これを量子化という)する際、その分解能(アナログをディジタルのレベル値に分割するための性能)のために、完全にディジタル化出来ずに生じたノイズ成分のこと。

ある程度以上の入力レベルであれば、量子化ノイズはフラットなスペクトラムとなるが、LSB近くの信号だけになると、それはむしろ歪みという方が適切なものとなる。そのため、量子化歪みと呼ばれることもある。

これは量子化ビット数が多い(分解能が高い)ほど少なくなる。ディジタルオーディオでは、これらを改善する手法を用いているため、帯域内のS/N比をより高くすることが出来る。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club