通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

金環日蝕

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:きんかんにっしょく
品詞:名詞
2001/08/02 作成
2012/05/21 更新

日蝕のうち、太陽が輪のように欠け、その名の通り金の環のように見える現象。

太陽地球が一直線となり、太陽の視直径よりも月の視直径の方が小さい場合、その地域では金環日蝕となる。

これを著している段階で、もっとも最近、日本国内で観測されたのは、2012(平成24)年5月21日の朝である。

関連する用語
日蝕
皆既日蝕

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club