通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

皆既日蝕

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:かいきにっしょく
品詞:名詞
2006/05/08 作成
2009/07/22 更新

日蝕のうち、太陽地球が一直線となり、かつ太陽の視直径よりも月の視直径の方が大きい場合、その地域では皆既日蝕となる。「皆既日食」とも。

目次

皆既日蝕となると、太陽が月の影に隠れて完全に見えなくなる。

この間は太陽光が遮られ実質的に夜と同様となり、皆既日蝕が見られる範囲内は真っ暗となる。

日蝕は、誰でも観測できる天体現象ということで人気がある。

学問的にも、普段は見ることの出来ない太陽のコロナが比較的容易に観測できるとあって、観測面でも重要視されている。

また、アインシュタインの一般相対性理論が導き出す「重力レンズ」理論は、1919(大正8)年の日蝕観察で実証され、観測事実となっている。

用語の所属
日蝕
関連する用語
金環日蝕

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club