通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

院内感染

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:いんないかんせん
品詞:さ変名詞
2005/10/28 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

病院診療所内で病原体に感染すること。

黄色ブドウ球菌(MRSA)、表皮ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌、大腸菌、肺炎球菌、腸球菌(VRE)、緑膿菌、セラチア菌などへの感染が代表的である。

これは先進国で特に深刻な問題となっており、引き起こす病原菌も次々と耐性を持ち強力になってきている。近年の主流はMRSAだが、大きな問題となっているのはVREである。腸の中の腸球菌が耐性を獲得したもので、これに一旦感染すると二人に一人が死亡すると言われ、恐れられている。

関連する病原体
黄色ブドウ球菌
MRSA
大腸菌
VRE
緑膿菌

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club