通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電子部品

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:でんし・ぶひん
品詞:名詞
2013/06/26 作成

電子回路に用いられる部品のこと。

大きく、次の三種類に分けられる。

分類

受動部品とは、電力を供給すると、それを消費・放出、あるいは蓄積する機能のみを持ち、増幅などの機能を持たない部品をいう。

逆に能動部品とは、電力を供給すると、増幅や整流などを行ない、入力以上の結果を出す部品をいう。

それ以外に、プリント基板スイッチコネクター、あるいはアンテナのような部品類は、機構部品あるいは機械部品という。

チップ型部品

近年、携帯情報端末などの普及と共に、受動部品を中心として小型軽量のチップ型電子部品が普及した。

またこれに伴い、従来の基板に空けられた穴(スルーホール)への挿入実装から、プリント基板に直接貼り付ける表面実装(SMT)へと変化した。

用語の所属
電子回路
関連する用語
受動部品
能動部品

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club