通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

非球面レンズ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:ひ・きゅうめんレンズ
品詞:名詞
2006/04/24 作成
2007/06/05 更新

レンズの片面または両面が球面でも平面でもないレンズのこと。

放物面、双曲面、楕円面などのほか、4次曲面などの高次多項式面を採用した複雑なレンズもある。

球面レンズよりも製造難度が高いため価格は高くなるが、球面レンズなら複数枚必要な所を一枚で抑えることも可能で、小型化、軽量化を目的として採用されることが多い。

非球面の研磨は難しく、モールド成型などの研磨しないで作成する工法がよく使われるが、最近では研磨による製造技術も実用化されつつあるようだ。

関連する用語
レンズ
球面レンズ
円柱レンズ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club