通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

1T-SRAM

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ワンティーエスラム
外語:1T-SRAM: 1 Transistor SRAM 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

MoSysが1998(平成10)年に発表したSRAMインターフェイスを持ったDRAM。言うなれば疑似SRAM。ニンテンドーゲームキューブで採用されたため注目を集めることになった。

1T-SRAMの内部はDRAMであり、一般的なDRAMと同様にキャパシタ(コンデンサー)と1個のトランジスタで構成されるが、外部からはSRAMとして利用できる。1T-SRAMは一般的なSRAMの数倍の高密度化(DRAM並)が可能で、かつ一般的なSRAMの1/4の低消費電力を実現している。

メモリー内部は256ビット/256MHzのマクロバスで接続された数百〜千個のマルチバンク構成になっており、各バンク毎にリフレッシュコントローラーがあり自動的にリフレッシュを実行する。また1バンク分のキャッシュが用意されていて、アクセスとリフレッシュが競合することもなく、リフレッシュに起因する遅延もない。

1T-SRAMはSRAMと同様、アドレスを指定した次のサイクルでデータにアクセス可能なため、4ワードのアクセスに対して5サイクルで済む。メモリークロックとバス幅が同じとするとSDRAMに対し倍速以上の違いとなり、1ワード単位の遅延のみで比較すれば6倍差となる。

関連するリンク
http://www.mosys.com/1t_sram.html
用語の所属
1T
関連する用語
SRAM
DRAM
ニンテンドーゲームキューブ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club