通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

GAIA

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ガイア
外語:Gaia: Global Astrometric Interferometer for Astrophysics 英語
品詞:固有名詞
2006/09/13 更新
2012/12/31 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2012/12/31に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

ヨーロッパ宇宙機構(ESA)が計画しているヒッパルコス衛星に続く位置天文衛星計画で、2011(平成23)年12月に打ち上げられる予定。

目次

世界最大の位置天文計画であり、銀河系内のみならず、銀河系外も含めた約10億星の位置などを、ヒッパルコス衛星の100倍の精度で測定する計画である。

衛星は位置測定用の反射望遠鏡2つと、スペクトル観測用の望遠鏡1つを備える。名前にはInterferometer(干渉計)という単語が含まれるが、これは計画変更により採用されず、名前だけが残っている。

ソユーズロケットで打ち上げられ、太陽と地球に対する第2ラグランジュ点(L2)へ投入されることになっている。

5年間の観測で、各対象をそれぞれ約100回観測して、その固有運動や視差などを明らかにする。

関連するリンク
ESA - Space Science - Gaia overview
関連する用語
位置天文学

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club