通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

H-Ⅱロケット試験機3号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥー・ロケット・しけんきさんごうき
外語:H-II・3F: H-II Launch Vehicle No.3 英語
品詞:固有名詞
2007/09/08 更新

宇宙開発事業団(NASDA)により開発されたH-Ⅱロケットの第三試験機。"H-Ⅱ・3F" とも呼ばれる。

1995(平成7)年3月18日17:01(@375)に種子島宇宙センター大型ロケット発射場より発射され、無事に成功した。

  • 宇宙実験・観測フリーフライヤSFU
  • 静止気象衛星5号(GMS-5)・ひまわり5号

このロケットは名目上は試験機であるが、3機目であり、気象衛星のひまわり5号が打ち上げられている。

その後のトラブルでひまわり5号は寿命が切れた後も使われ続けることになるが、それもこのロケットの成功あってこそ、と言えるだろう。

関連するリンク
H-Ⅱロケット
技術の所属
H-Ⅱロケット
積載衛星等
ひまわり5号
関連する用語
NASDA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01e (14-Jun-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club