通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Intel AVX2

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:インテル・エイヴィーエックス・トゥー
外語:Intel Advanced Vector Extensions 2 英語
品詞:名詞
2013/02/20 作成
2014/10/30 更新

Intelのプロセッサーの開発コードネーム「Haswell」から搭載された、拡張命令セット。

Sandy Bridgeから搭載されたIntel AVXの拡張。

次のような拡張が施されている。

  • 浮動小数点のFMA(積和演算)に対応
  • 256ビット長の整数ベクトル演算(整数演算SIMD機能)に対応

また、性能も約2倍になっているとされる。

後継仕様は、512ビット長に対応するIntel AVX-512(通称AVX3)である。

機能の有無判別

EAXレジスターに7、ECXレジスターに0を代入してCPUID命令を実行し、EBXレジスターに得られたフラグのビット5が1のとき、Intel AVX2に対応する。

IntelはHaswell以降で対応する。AMDはExcavatorコアより対応する。

整数のSIMD演算

整数のSIMD演算(ベクトル演算)は、MMXの64ビットレジスターに始まり、SSE2で128ビットレジスターとなり、今回のAVX2で256ビットレジスターになったことになる。

SIMDを使う処理の中でも、ビデオコーデックは整数演算が多いことから、整数のSIMD演算性能向上はエンコード/デコードの速度の向上に繋がる。

関連する用語
VEXプリフィックス
Intel AVX
Intel AVX-512

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club