通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

NOR型フラッシュメモリー

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ノアがたフラッシュメモリー
品詞:名詞
2012/05/14 作成

フラッシュメモリーの一種。NORフラッシュメモリーとも。

目次

1984(昭和59)年に東芝により開発された、最初のフラッシュメモリーである。

信頼性に優れており、別途の誤り訂正回路などを必要としないが、代わりに消去や書き込みが非常に遅く、また集積度が劣るため大型という難点がある。

後継はNAND型フラッシュメモリーだが、NANDとNORはそれぞれが利点と欠点を持ち、一長一短が存在している。

NAND型フラッシュメモリーと比較すると、次のような特徴がある。

  • 読み出しが速い
  • ランダムアクセスが速い
  • 1バイト単位での読み込みが可能
  • 書き込みが遅い
  • 消去も遅い

バイト単位でのアクセスが可能であるため、従来のROMのようにここにプログラムを置いて直接CPUで実行することが可能である。

用語の所属
フラッシュメモリー
関連する用語
JFFS
NAND型フラッシュメモリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club