通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

QuantiSpeedアーキテクチャ

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:クアンティスピード・アーキテクチャ
外語:QuantiSpeed architecture 英語
品詞:名詞
2003/09/11 作成
2012/02/04 更新

AMDのAthlon XPで採用されていたマイクロアーキテクチャー(内部構造)で、K7マイクロアーキテクチャに属する。

目次

9命令同時発行のスーパースケーラーや、1次キャッシュと2次キャッシュの重複を防止しキャッシュ効率を高める機能などが採用されている。

QuantiSpeedアーキテクチャは幾つかの技術の集大成で、構成する各技術はこのアーキテクチャーから新規に実装されたわけではない。

基本的なコンセプトは1クロックあたりの処理命令数を高めるものである。

次のような製品で採用された。公式にはAthlon XPのみ。

ちなみに「QuantiSpeed」という名はAMDによれば「実効性能(アプリケーション性能)の"異なる次元への大躍進(quantum leap)"を実現したという意味」としている。

またこのアーキテクチャー採用製品から、性能表示にクロック周波数ではなくモデルナンバーと呼ばれる独自の指標が使われるようになった。

用語の所属
AMD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club