通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

REX.W

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:アーイーエックス・ドット・ダブリュー
外語:REX.W 英語
品詞:名詞
2013/06/18 作成
2013/06/19 更新

x86のオペコードの表記で、REX.wフィールドが1となったREXプリフィックスが存在すること。

REXプリフィックスには計4ビットのフィールドがあり、このためREX.w=1の表現をしようとしても、オペコードが一定しない。

具体的には、REX.w=1に限定しても、4ビットあるうち他の3ビットによって8種類のオペコードが生じうる。そこで、16進数での表記を諦めて、「REX.W」と記載する。

機能

オペランドサイズを64ビット化するためのプリフィックスである。

AMD64 ISA/Intel 64のロングモード環境であっても、レジスターやメモリーへのアクセスは32ビットの環境と同様で、何も指定しなければ原則として32ビットでのアクセスとなる。

これを64ビット命令とするためにREXプリフィックスを使用し、このうちREX.w=1は、ソース/デスティネーション双方を、32ビットから64ビットに変更する機能を持っている。

なお、8ビットアクセスの命令に対してREX.w=1を附しても8ビットのまま変化しない。

オペコード

REX.wはREXプリフィックスのビット3にあるため、REX.w=1であればオペコードは48から4Fの範囲となる。

コードREXプリフィックス
REX.wREX.rREX.xREX.b
481000
491001
4A1010
4B1011
4C1100
4D1101
4E1110
4F1111
用語の所属
REXプリフィックス
関連する用語
VEX.W

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club