通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

TMS9995

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:ティーエムエスきゅうきゅうきゅうご
外語:TMS9995 英語
品詞:商品名
2005/01/30 作成
2014/10/28 更新

Texas Instruments社の開発した16ビットマイクロプロセッサー(公称)。

先代のTMS9900は大規模向きだったが、これを小規模な組み込み用としたもの。

5V単一電源、クロックジェネレーター内蔵、タイマーカウンター内蔵、などがある。

日本では「ぴゅう太」に搭載されたことで有名。

16ビット

TMS9900もTMS9995も、レジスターは僅か3個だけである。

これらは16ビットであり、また演算器も同様に16ビットなので、公称16ビットマイクロプロセッサーというわけである。

ワークスペース

レジスター3個だけでは演算も満足に出来そうに無いが、普通のマイクロプロセッサーが演算に使うようなレジスターがどこにあるかというと、それはメインメモリー上にある。

そのレジスターをポイントするのがWPレジスターである。

メモリー上のレジスターもやはり16ビット長であり、0〜15番まで計16個ある。

スタック

このマイクロプロセッサーは、ハードウェアでのスタック機能はない。

ただ、レジスターは16個もあるので、いわゆるサブルーチン呼び出し時には元のPCなどをレジスター内に格納する。同様にPUSH/POP命令などもないが、WPを変えることでレジスターの保存や復帰が簡単にできる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club