通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Thorton

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ソートン
外語:Thorton 英語
品詞:固有名詞
2004/09/09 作成

オンダイ2次キャッシュ容量をBarton(バートン)の半分の256Kiバイトとした廉価版プロセッサーコアAMDの第7世代x86互換プロセッサーコア。2003(平成15)年秋に登場。

そもそも、Thoroughbred(サラブレッド)の2次キャッシュ容量を倍増したものがBartonであったので、それを半減させるということは、仕様はThoroughbredと殆ど同じということである。

これが作られた理由はひとえにAMD Athlon 64の登場によるもので、ハイエンドをAMD Athlon 64に取られたことからミドルクラスをBartonが受け持つこととなり、ローエンド用として、このThortonが作られた。

とはいえ値段はBartonとあまり変わらないので、お買い得感があるかどうかは微妙なところ。

ちなみに倍率固定、2次キャッシュ容量固定のものが多く、表面のブリッジを変えてもBartonにならないものが多いらしい。

語源は、Thoroughbredと殆ど変わらないBartonであることから、BartonとThoroughbredを足して2で割ったものと思われる。

所属する技術
K7系
メーカー
AMD
製品名
Athlon XP

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club