通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

mol

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:モル
外語:mol 英語
発音:móul 英語
品詞:名詞,単位助数詞
2002/06/24 作成
2011/02/03 更新

国際単位系における基本単位の一つで、12Cの12g中に含まれている炭素原子の数、つまりアボガドロ定数(約6.02×1023)個の要素粒子を含む系の「物質量」のこと。

国際単位系では、「0.012kgの核種12Cの中に存在する原子の数と等しい数の要素粒子を含む系の物質量である」と定義されている。

従って、核種12Cのモル質量は12g/molであり、この系に含まれる原子の数はアボガドロ定数に等しい。

これにより定義されるmolを用いると、1molの核種12Cは12g、と表わすことが可能となる。

モル質量

分子を作るものは分子量、そうでないものも構成する元素の原子量の総和(式量)の後にグラム(g)を付けると、その物質量は1molとなる。

例えば、酸素分子の分子量は32.0であるので、1molの酸素分子は32.0gである。

分子を作らないもの、例えば塩化ナトリウムの式量は58.44であるので、1molの塩化ナトリウムは58.44gである。

それぞれ、モル質量として、32.0g/molや58.44g/molと表わすことができる。

1mol

例えば1molの水素(H2)は約2gであり、約6.02×1023個の水素分子からなり、1atm、0℃(273.15K)では22.4Lを占める。

1molの酸素(O2)は約32gであり、約6.02×1023個の酸素分子からなり、1atm、0℃(273.15K)では22.4Lを占める。

1molの水(H2O)は約18gであり、約6.02×1023個の水分子からなる。水蒸気であれば1atm、0℃(273.15K)では22.4Lの気体体積となり、液体であれば約18mLになる。

用語の所属
国際単位系
関連する用語
アボガドロ定数
物質量
mol/L

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club