通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

sSpec

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エススペック
外語:sSpec 英語
品詞:名詞
2008/04/11 作成

Intelマイクロプロセッサーの表面や、リテールであれば包装箱にも刻印されている、5桁の文字列のこと。

目次

製品に関するあらゆる特性のうち、一つでも変更された場合、この文字列も変更される。

このため、マイクロプロセッサーのチップの仕様を一意に識別することができる。

例えば、チップの種類、クロック周波数キャッシュメモリーの容量、動作電圧、製造工場、といったものを、ここから特定することが出来る。

具体的には、「SL5LW」「SL7C7」「SLAWM」といったものが該当する。

sSpecが同じ製品であれば、エラッタも含めて、性能や仕様は完全に一致する。逆に、sSpecが違っていれば何かしらが違っていることになるが、その変更規模の大小は問われないため、普通に用いる分には、その違いが分からないこともある。

関連する用語
Intel
マイクロプロセッサー
x86

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club